埼玉県さいたま市浦和区岸町4-23-14

TEL/FAX 048-822-4087

自立援助ホーム・クリの家

運営:社会福祉法人 スマイルの仲間達

クリの家とは

『クリの家』は社会福祉法人『スマイルの仲間たち』が運営する自立援助ホームです。

『クリの家』は埼玉県内で4カ所目、さいたま市では、初めての自立援助ホームとして、2008 年に開設しました。

「自立援助ホーム」とは

事情によって家族と生活することの出来ない、
15歳から20歳の『クリの家』の職員と生活を共にし、働きながら自立を目指す施設です。
職員は、生活指導や就職支援活動を通して、子供たちを援助します。定員は7名です。

『クリの家』 に入居を希望するには

まず、児童相談所に相談してください。その後、ホームの職員との面談、ホームの見学を経て本人とホームとで、契約を結び入居となります。

『クリの家』と 入 居 者との約束

① 働くこと
② 利用料を納めること
③ 貯金をすること

入居時に約束し、 自立をめざします。

クリの家のこころ

互いに学び合い、人として成長していくための
よりどころとなる場所にしよう

自分を信じ、好きになると同時に、
まわりの人も信頼し好きになろう

クリの家の合いことば

あいさつをしよう
時間を守ろう
食卓をかこもう
何でも話そう

九里記念館

「クリの家」が建てられた場所は、さいたま市にある「浦和大学、浦和大学短大部」、「浦和実業学園中学・高等学校」を創設した故九里總一郎(クノリソウイチロウ、学校法人九里学園創業者)が、昭和21年に珠算・簿記・英語を指導する私塾を始めた、記念すべき場所です。ここには、創業を記念する品々が展示された「九里記念館」が併設されています。「クリの家」はこの九里の姓に因んで名付けられました。九里学園は「実学に勤め徳を養う」を理念とし、実社会で役立つ知識を身につけ、徳を養う教育を実践し、新しい時代を切り拓く人材の育成をめざしています。この理念の下、「クリの家」の子どもたちもここで育ち、巣立って欲しいと願っています。

「クリの家」の創設

「 クリの家 」は、さいたま市児童養護施設カルテットの処遇困難な児童を一時的に受け入れる場所として計画されました。
当時、カルテットは特別養護老人ホ ームスマイルハウスを経営する社会福祉法人「 浦和福祉会 」が指定管理者でした。浦和福祉会と地域の有志の方々が協力して、九里記念館を借りて運営するNPO法 人「 スマイルの仲間たち 」を設立しました。これが「クリの 家」の誕生の経緯です。
その後、入所児童の実態が、第一種社会福祉事業である児童養護施設の対象者と同様であり、永続的な事業経営の必要性もあってNPO 法人から社会福祉法人への変更を決意しました 。社会福祉法人の基本財産は、故九里總一郎の遺産一億円が充てられています。

アクセス

〒330−0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4−23−14
TEL/FAX 048-822-4087
e-mail : info@kurinoie.info

■地図

地図

▶googleマップへリンク